01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

バスケ 区大会予選

2008年02月25日
先日、僕が習っているミニバスケットボールの
区大会の予選がありました。
皆でがんばろうとは言うものの、0勝3敗という無残な結果になってしまいました。
でも僕の心に、悔いは残らなかったのです。
なぜかって?それは、僕にとって、悔いの残らないような、
いい内容の試合ができたから。
皆シュートもたくさん打ち、パスもたくさん回った。
ディフェンスのときは、相手のボールを追いかけ、
相手がシュートをはずしてもすぐ取り、自分達のゴールに向かう。
そんな一つ一つの事ができたから、僕の心には、悔いが残らなかった。
で、僕がいつも試合で大事にしているのは、
いかにできのいい試合を作り上げるかだ。
でもやはり、試合で一番大事なのは、勝つこと。等と思っている人もいるだろうが、
それも間違いではない。
ただ、僕が一番大事にしているのは、
いかに自分また、他のチームメイト、相手にとって、いい試合を築き上げるかだ。
スポンサーサイト
明日は何の日? | コメント(0) | トラックバック(0)

東京マラソン

2008年02月20日
去る2月17日都を挙げての大イベントが行われました。
その名も東京マラソン
この大会は、これまで東京都心部で行われていた、
エリートランナー向けのフルマラソンである,

東京国際マラソン(男子)・東京国際女子マラソンと
市民ランナー・障害者向けの10kmロードレースである
東京シティロードレースの2つを一つにまとめたものです。
その大会、実は、僕の母がそのフルマラソンにエントリーしたんです。
第1回の大会は、ボランティアとして参加し、
この大会が、どういう大会か十分わかった上の挑戦でした。
僕は、沿道で、応援してたのですが、その周りの声援には、
すごく感動しました。
なんと、スタートから、ゴールまで、まったく声援が途切れないのです。
僕は、「東京にもこんなすばらしい大会があったのか。」
と思うとなんだかすごくうれしくなりました。
しかも、その大会に自分の母が出ていると思うと、
もっとうれしくなりました。
そんなことを思いつつ母は、ゴール。
タイムは、5時間16分でした。
5時間こそ切れなかったものの、すごく充実してたと思います。
僕は、このような、都民又、他の県民の人々がひとつになる大会が、
もっともっと増えてほしいと思います。
皆さんの周りには、いろいろな人がひとつになる大会などがありますか?
あったら是非教えてください。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

学校の音楽

2008年02月18日
僕のクラス全体的に音楽が好きなクラスなんです。
だから、合奏や、合唱することが多いんです。
音楽会なんかでは、ひょっこりひょうたん島の
合奏をしたり、他に歌を歌ったりしました。
で、今は、世界にひとつだけの花の合奏をして
いるんだけど、皆なかなか合わせられなく、
大変です。
このクラスには、僕ともう一人、音楽が得意な人がいて、
その人は、たまに歌うとき伴奏をしてくれます。
皆さんは、周りに音楽が得意な人がいますか?
もしいたら、「音楽の中で、何が一番得意?」
と聞いてみてください。
もしよかったらコメントに書いてくださいね。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

お知らせ

2008年02月18日
本日(2月18日)keio1000の日記は、
「音楽(+鉄道)好きの気ままな日記」
というブログタイトルになりますので、

リンクなどの変更を、よろしくお願いします。
今後も、がんばっていこうと思いますので、
よろしくお願いします。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

日本の端

2008年02月14日
いきなりですが問題です。
皆さんは、日本の東西南北の端をいえますか?


正解は、東=南鳥島
     西=与那国島
     南=沖ノ鳥島 
     北=択捉島 です。
意外に言える人少ないんですよ!
僕のクラスでは、殆どの人がいえるけど…。 
                          ブログ
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

更新再開

2008年02月10日
え~っと、勝手に更新停止状態にしてしまって、ごめんなさい
今日から、また更新を再開させていただきます。
今後ともよろしくお願いします。l
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。